Procreate® ハンドブック

インターフェイス

レイヤーを使えば、大胆な実験も思いのまま。作品の既にできあがったエレメントの上または下に重ねて手を加えることができます。他のレイヤーを変更せずに、描画済み部分の移動、複製、編集、ブレンドが可能です。

“レイヤー” パネル

レイヤーパネルは、強力な各種オプションにワンタッチでアクセスできる、スッキリとしたインターフェイスを提供します。

レイヤーメニューボタン

レイヤーボタンは、1 対の重なり合った四角形のアイコンです。Procreate インターフェイスの右上のメニューバーにあります。

タップすると、“レイヤー” パネルが表示されます。

レイヤーの作成

レイヤーパネルの右上隅に “+” マークのレイヤー作成ボタンがあります。

これをタップして新規レイヤーを追加します。

詳細については、「レイヤーの作成」を参照してください。

レイヤーのサムネイル

レイヤーのサムネイルは、各レイヤーの内容を小倍率で示すプレビューです。

レイヤー名

各レイヤーの内容を、カスタマイズ可能なレイヤー名で把握する方法もあります。アートワークの構成を体系化するのに役立ちます。

詳細については、「レイヤーの命名」を参照してください。

選択レイヤー

キャンバスに加えるすべての変更は、現在選択されているレイヤーに対して適用されます。現在選択中のレイヤーは、わかりやすく青色でハイライトされます。

別のレイヤーをタップすれば、そちらが選択されます。

詳細については、「レイヤーの選択」を参照してください。

ブレンドモード

ブレンドモードは、複数のレイヤーの内容をさまざまな方法で融合させる機能です。多種多様なビジュアル効果を作り出し、混合できます。

レイヤー名の右にある小さな文字をタップすると、ブレンドモードのオプションが表示されます。

詳細については、「ブレンドモード」を参照してください。

表示チェックボックス

表示チェックボックスでは、レイヤーの表示/非表示を切り換えます。

表示チェックボックスのチェックマークをタップしてオフに切り替えると、そのレイヤーの内容が非表示になります。表示チェックボックスをもう一度タップしてチェックマークをオンに切り替えると、そのレイヤーの内容が表示されます。

単独表示

レイヤーの表示チェックボックスをタップして押さえたままにすると、1 つのレイヤーの内容だけを分離して表示できます。上部のバーに “単独表示オン” というメッセージが表示されます。

アクティブなレイヤー上で表示チェックボックスをもう一度タップして押さえたままにすると、すべてのレイヤーが表示されます。上部のバーに “単独表示オフ” というメッセージが表示されます。

プロの技

単独表示は、1 つのアクティブなレイヤーの内容だけをプレビューするのに最適です。アートワークの他のレイヤーでの作業に戻る場合は、単独表示をオフに切り替えるようにしてください。

注意: 単独表示をオンにしたときに非表示だったレイヤーはすべて、単独表示をオフにしても非表示のままです。

背景色

Procreate の各ドキュメントには、あらかじめ背景色レイヤーが組み込まれています。

このレイヤーをタップすると、アートワークの新しい背景色を選択したり、表示チェックボックスをタップして非表示にしたりすることができます。

プロの技

“背景色” を非表示にすると、背景が透明のアートワークが作成されます。PNG としてアートワークを書き出す場合に最適です。

レイヤーオプションメニュー

レイヤーオプションメニューでは、さまざまな方法でレイヤーをワンタッチで操作できます。

レイヤーパネルを開いたら、タップしてレイヤーを選択します。再度タップすると、レイヤーオプションメニューが表示されます。​

詳細については、「レイヤーオプション」を参照してください。